収蔵品について

product製品詳細

麻酔器(閉鎖循環式/国産第一号/レプリカ)

ますいきへいさじゅんかんしきこくさんだいいちごうれぷりか

  • 麻酔器(閉鎖循環式/国産第一号/レプリカ)

麻酔器(閉鎖循環式/国産第一号/レプリカ)

ますいきへいさじゅんかんしきこくさんだいいちごうれぷりか

  • [D]麻酔科
  • 麻酔器・麻酔用具

管理番号:372

発売年:昭和24年(1949年)

製造:泉工医科工業

外形寸法:間口390mm×奥行き190mm×高さ600mm(ケース寸法)

製品説明:麻酔は薬物を神経に作用させて痛みを感じさせない状態を作り出す方法です。全身麻酔には口や鼻から麻酔薬を吸入させる吸入麻酔法と、静脈から麻酔薬を注入する静脈麻酔法の2つの方法がありますが、麻酔器を用いた世界初の全身麻酔は吸入麻酔法で行われました。

この製品の原品は日本心臓血圧研究所が所蔵しています。開発の協力者である泉工医科工業の青木利三郎氏が次のような開発エピソードを残しています。昭和21~22年(1946~1947年)頃、青木氏が東京大学第二外科に行くと、林周一博士(後の順天堂大学教授)が「青木さん、外国では気管の中にチューブを入れて外気と遮断して酸素を吸わせて全身麻酔をしているそうだ。試作してくれないか」と相談してきました。しかし、原品はおろか目録も文献もなくもちろん原品もありませんでした。そこで、理論だけで綿貫喆博士(後の慈恵医科大学教授)らと試作にかかりました。これが日本におけるこの閉鎖循環式麻酔器の第一号でした。

昭和24年(1949年)末頃に、肺結核の開胸手術の臨床にこの閉鎖循環式麻酔器を使用して好成績を収めました。昭和25年(1950年)10月25日、千葉大学で開催された日本胸部外科学会で林博士により発表され、閉鎖循環式麻酔器国産第一号も器械展示会に展示されました。偶然にも、同学会で米国エール大学のM.サクラッド博士が閉鎖循環式麻酔器の講演を行い、展示会場で国産第一号を見て、「これが麻酔器か」と驚いたと青木氏は述べています。